トップへ戻る

モノづくり MISSION

「履きだおれの街」神戸・長田の歴史とともに歩んできた60年

「履きだおれの街」神戸・長田の
歴史とともに歩んできた65年

日本におけるゴム工業発祥の地である神戸市長田区で、
関連会社 東田ゴム化工株式会社が創業を始めたのが
1948年、昭和23年のことです。
戦後の復興と高度成長の中、ゴム靴の生産から始まった弊社は
靴底用ゴム資材メーカーとして65年以上の間、一貫して日本人の
足元を支え、共に歩んでまいりました。

ないものはつくる!

長年製靴業に関わる中で、色々な困難がありましたが、
「なければ自分たちでつくろうじゃないか!」そういう心意気で、
それまでになかった様々な素材を開発してきました。
そして、消費志向の多様化に伴う多品種少生産など世界の
大きな流れに対応してきました。

ないものはつくる!
神戸クオリティを世界へ

神戸クオリティを世界へ

そして現在は、長きにわたり培ったノウハウを活かし、
日本の製靴業はもちろんのこと、「品質第一」をモットーに
経済のグローバル化による生産拠点のボーダレス化や、
他業種や海外企業とのコラボレーションなど「MADE IN JAPAN」の
すばらしさを大きく強く発信し、少しでも日本の製造業に
貢献できるようチャレンジし続けております。

未来へ向けて

日本人の足元の安心・安全を守り続けてきた富士高圧のノウハウの歴史。
それらは、形を変えて、新たな未来へと羽ばたいていきます。
機能性・安全性に適した素材へのこだわり。
従来のノウハウを活かし、新しい素材を作っていく挑戦。
富士高圧は、今までも、これからも、足の素材のスペシャリストとして、
皆様の生活に密着したよりよい商品を提供してまいります。

未来へ向けて 未来へ向けて 未来へ向けて